Beer

ビールうめえ!

最近ほとんど毎日ビール飲んでて休肝日が無いからやばい

こんな僕ですがちゃんと法令順守して20の誕生日迎えてから飲み始めたのです

そのころはまあそんなに飲むこともないだろうって思ってたけどそれからどんどん量が増えていきました

この前だけどお店で飲みすぎてゲロゲロ吐いたんですよ

家族が来て救急車呼ばれて病院に搬送されました!

でもあのとき生理食塩水点滴されたんだけど生理食塩水の効き目ってすごいね!ものの1、2時間ですっかり元気になったよ!

それからはお酒には気を付けようと思ったのです。いや最近は毎日飲んでるけど規定量はたぶん超えてないから大丈夫。まあ一日ビール3Lとか4Lとか飲み始めたら末期だと思うよ。

でもお酒が入るとやっぱり楽しいしさあ、というか何をするにしても楽しい。さっき絵描いてたけど飲んでるときはいつもより楽しい。

絵といえばNextに来る前はしばらく絵描いてなかったんだよね。高2の文化祭終わったときから全然描いてないな。文化祭で美術部の展示やら友達の入ってる部活のチラシやら看板やらクラスの出し物でも劇をやるっていうんで背景の原画やら描いてそれきりですね。

クラスの出し物は結構楽しかった記憶があるよ!衣装のデザインもやってくれって言われたんで女子の衣装を好み全開でデザインしましたよ。没になってなんか違うのになってたけどね!

背景もちょくちょく見に行って手を加えたりしてたくらいだけどクラスメイトが頑張って仕上げてくれました。作ってるときに見に行くと僕の視線がちょっと怖いって言われたり違うとこ行ってたら早く戻ってこいって連れ戻されたりいろいろ楽しかった!

美術部の展示は僕の出したデッサンが得票数1位でこれまた嬉しかった。

いや絵というのは別に得票数が多いとかたくさんお気に入りがついたとか褒められたとか写実的だとかそういうことが全てだとは思いませんけどね。そういうのも大事だとは思うけどもっと個人の愉しみ?みたいなものを見つめた方が良いんじゃないかなって最近思いますよ。同級生で美術部の部長やってた子がいつか「絵を描いてもたくさんの人に見てもらうためにさらしとくんじゃなくてたまに見てもらって感想もらったりそんな感じが良い」みたいなことを言ってましたね。どんなんだったか細かいことは覚えてないけどあの言葉は今になって良くわかる気がします。小さい子どもが絵を描くときって周りの評価を気にするでしょうか。あるいは人類最古の画家は洞窟の中の、人が入ってきづらいようなとても奥まったところに絵を描いていたらしいです。人が絵を描くことの本質はそういうところにあるんじゃないかなあって思います。なんだか偉そうなことをつらつら書いてしまってちょっと恥ずかしい。ていうかビール関係ないし。